鳥取砂丘・鳥取観光ナビ

鳥取砂丘から始める、鳥取砂丘で締める、鳥取観光を提案します。

2017年4月は”星取県”の鳥取砂丘で「こと座流星群」を見よう!

2017年4月から鳥取県は”星取県”になります

Stars

 鳥取県は蟹の漁獲量ナンバー1ということから、蟹の解禁期間は”蟹取県”を名乗る観光キャンペーンを展開してきました。

 

2017年4月からは新たな観光キャンペーン”星取県”を展開します。

 

”星取県”というネーミングは、環境省の調査で、星の見やすさナンバー1に選ばれたことに由来しています。人口過疎から町の灯りが少ないことに由来しています。弱みを逆手にとった、ダジャレ知事・平井氏らしい観光PRでしょう。

 

鳥取砂丘は星を見るのに絶好のロケーション

Desert Stars

 

星取県のなかでも、鳥取砂丘は絶好のロケーションです。

なぜなら鳥取砂丘周辺は一部の観光施設を除いて、開発が認められていないため人工の灯りが少ないからです。

加えて、当然のことながら、鳥取砂丘のまっただなかに繰り出せば、人工の灯りは一切ありません。

さらに海からの風で雲が、山へと流れるので、星が雲に隠れる可能性も比較的少ないといえるでしょう。

 

こうした天候の条件だけでなく、真っ暗になって、砂丘についた人の痕跡も見えなくなったなかで、ひっそりと眺める星の光景はとてもロマンチックなものです。

 

波音と星のまたたきをあわせて、宇宙のリズムを感じてください。

 

星取県の2017年第一弾の天体イベントは「こと座流星群」

Camping under the stars (w/constellations)

 

2017年4月から始まる”星取県”ですが、第一弾の目玉天体イベントは、「こと座流星群」でしょう。

 

しし座流星群などの三大流星群と比べれば、知名度は低いのですが、紀元前700年ころから観測されている世界最古の流星群と呼ばれています。

 

また「こと座」の中心にある最も明るい星「ベガ」は、七夕の織姫の星としても知られています。

 

「空から女の子降ってこねーかなー」なんて妄想を膨らませているジブリなあなたは、今年こそ女性運に恵まれることを祈願して、星取県の鳥取砂丘でこと座流星群を拝んでみてはいかがでしょう。

 

この天体イベントを、観光PRについて敏い平井知事が見逃すとは思えません。なにかイベントに打って出る可能性もあります。特に、天体観測を趣味とする女性「宙ガール」をターゲットにしているキャンペーンですので、女性の方は要チェックです。

 

2017年の「こと座流星群」は4月22日の23時から

Startrail of 2014 Geminid Meteor Shower Night

こと座流星群を見られるのは、深夜からです。春とはいえ、熱をすぐに放射してしまう鳥取砂丘の夜は冷え込みます。防寒をしっかりとしていきましょうね。

 

うっかり風邪をひいて、「命取県」にならないように気をつけましょう。